ボードゲームって楽しいの?

こんにちは!重ゲーするならAQLOUNGE!

本日も執筆はオカが担当しております!

今日はボードゲームの楽しさについて

僕なりに思うことを書いてみます。



ボードゲームって難しい。とか

1時間もかかかるの?っていうのを

ぶっ壊す。僕なりのボードゲームに対する見方を!

ぇ・・・1回するのに1時間もかかるの?長いって!

そんな声がボードゲームの世界の入り口から聞こえてきます。

ボードゲームを代表するカタン。

我々ボードゲーマーにとってはもはや軽いゲームですが

こういった1手1手にやることがあって

さいころ振って、駒置いて、盗賊にカードに・・・

んでなんやかんやしてるうちに1時間経過・・・!

さいころ振って・駒置くだけのゲームに1時間は長いって!

長い。って感じるのは楽しさが伝わってないから。

ボードゲームの魅力。というよりも

ひいてはゲームというものの魅力が伝わっていない。

ゲームの魅力の1つは

世界観をコンパクトに味わうことが出来ること。

だと僕は思っています。

レースゲームだって戦争ゲームだって、

シューティングゲームだって

ほんとうはそんなこと出来ないんだけど。

これがゲームの魅力だと僕は思っています。

「僕たちは、今まで、何度、世界を救っただろう?」

プレイステーションの20周年CMより

ボードゲームの中で世界を救ってる。

僕は、テラフォーミングマーズやイッツァワンダフルワールドのように

近未来の世界の建築・開拓が好きです。



ボードゲームの中身を説明するときに

ゲームのシステムや手番でやることを説明しがちですが

何よりもその世界観や僕たちは何になるんだ。ということを

面白可笑しく本気で、そして熱く語ることが大事なんだと思います。

SFものの映画はいいよ!CGの技術がどんどん進化してるから

宇宙人がほんとリアルでさ~

と言われてもいまいち魅力に感じないのと一緒で

(ボドゲってやってみると面白い!よく考えられてるから面白いよ!みたいな)

やはり、1つの作品のことを熱く。

「バックトゥザフューチャー」ってさ・・・

過去にいって未来にいって車が飛んで、息子に恋しそうになる親が出てきて

もうタイムパラドックスで!マイケルJフォックス恰好いいから!

もう・・・見て!ブルーレイ全部貸す!見てってか見ろ!

ってぐらいの押し売りがあれば見ない人はいません。

(そんなことはない。)

ゲーム好き。という言葉で終わらせてはいけない。

ボードゲーム。という世界そのものを愛する気持ちはよくわかりますが

やっぱその1つ1つの作品に対する愛をしっかり伝えて

しっかりと非ボードゲーマーから冷たい目で見られることも

大事なんだと思います。

「そんなに言うなら・・・」という人がいつか何人も出てきて

いつしか世界は火星探索者で溢れかえると僕は信じています。

最初からテラフォは・・・最初からワンダフルは・・・

そんなことはありません。

最初から自分が一番大好きなゲームを勧めればいいんです。

そう。たった3時間で火星をも開拓するような

大企業の社長になれるんです。火星に人類が住めるようにできるんです。

たった・・・3時間で・・・!

(だって火星ってそもそも行くのに14000時間かかるんですよ?)

はい・・・・

ってことで今日も火星で研究者になるぞー!

(訳:科学タグいっぱい集めてカードプレイで戦う。)

ご拝読ありがとうございました!

AQ LOUNGE

オカ

https://bodoge.hoobby.net/spaces/aqlounge